« 匠の技を見る | トップページ | まだあるよ、民家再生のポイント »

2008年5月 8日 (木)

民家再生でのポイントは?

民家を再生して住もうとした時、考えたポイントがありました。

これまでの風雪に耐えた時間のことです。

今にその姿を残してこれたのは、土台がしっかりしていたからだと思っています。

予想はついていましたが、現実の土台の様子は分かりませんでした。

北側と東側の土台がひどく痛んでいました。

長い年月の雨水の影響が大きいと思いました。解体が進みその姿が分かりました。Dsc_0067 Dsc_0075

予想以上に土台は痛んでいました。

北側の土台は栂材でしました。

東側は、八方うだつで家の重みを支えているので栗材にしました。

 棟梁から材の特徴を聞きました。重みに耐えるのは栗材だそうです。

お陰様で、いい感じに土台が整いました。

Dsc_0095 20080428_fukufuku_071

« 匠の技を見る | トップページ | まだあるよ、民家再生のポイント »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1023967/20832914

この記事へのトラックバック一覧です: 民家再生でのポイントは?:

« 匠の技を見る | トップページ | まだあるよ、民家再生のポイント »